先輩インタビュー 採用情報はこちら インターンシップお申込み

先輩インタビュー

本日は宜しくお願いします。2回目になりますが、今回は看護師主任の紹介です。早速ですが、お二人の仕事内容を教えて下さい。

A主任宜しくお願いします。
救急外来・内視鏡・放射線・処置室チームのスタッフ配置分担とシフト調整が主な業務です。チームが円滑に動くようにスタッフの仕事状況等を確認しています。
日中、夜勤共に救急外来を担当することが多く、救急車対応や、院内トリアージ、救急処置・検査介助を行っています。看護師の業務を把握し、問題があれば改善に努めます。また、看護計画のチェックや病室の管理など、看護業務全般の管理を行うのも主任看護師の業務になります。その日の状況によっては通常の看護業務を行うこともあります。
インシデントが起こった際には、セーフティマネージメントリンクナースと共にインシデントを起こさない対策も考え病棟全体の危機意識の向上に努めています。

S主任宜しくお願いします。
私はHCU(2C病棟)の主任として、師長の病棟運営の方針にそってサポートをすることが一番の課題です。全力で病棟運営のサポートができるようにマネジメントなど指導頂きながら、自己研鑽して参ります。
今年度は病棟目標に上がっている「質の高いエビデンスのある4つのマニュアル作成」の責任者になっています。スタッフと協力し、目標が達成できるように頑張りたいと思います。
また集中ケア認定看護師としての活動もあるため、「RRS」や「RST」の立ち上げや、地域住民に向けた予防活動・研修開催など、貢献できればと日々奮闘しています。

主任として今後、どのようなことをしたいと思っていますか?

A主任1つ目は、職場環境の改善・向上です。
スタッフにとって仕事が行いやすく、達成感を持てるような環境づくりを行い、業務を円滑に遂行できるよう、他部門・他職種と連携して職場環境の改善・向上を図っていきたいです。
2つ目として、病棟運営に参加することで、看護師管理職としての自分の目標が明確になり、それが看護師としての私の「やりがい」につながるよう向上心をもって主任看護師の役割を実践していきたいです。

S主任マザーテレサの言葉で、
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから」
「言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから」
「行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから」
「習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから」
「性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」
この言葉にもあるように、日々考えて行動できるスタッフを育成し、各個人の主体性を高め、チームが活性化する組織づくりを目指しています。

A主任正直、主任看護師としてのプレッシャーや負担はありますが、管理職の仕事が増えることで、業務の幅が広がり成長のチャンスだと思っています。
それにしても、マザーテレサの引用っていいですね、私もスタッフに使おうかな。

S主任一緒に頑張りましょう。

筑波学園病院に勤めてよかったと思うことを教えて下さい。

A主任こちらの病院で3人の子供を出産した経緯もあり、病院に関しては安心感しかありませんでした。また、子供が小さかった頃は熱を出した時にはシフト等でずいぶんと融通を利かせてもらえ、とてもありがたかったです。後は、長期休暇が取りやすく、リフレッシュできるところ。プライベートと仕事のどちらも充実できます

S主任看護部は非常に親切な方が多いです。私はバス通勤なのですが、バスの時刻が合わない時や遅れてしまった時など、看護部長や師長、主任をはじめ様々な方たちが心配してくれ声をかけてくれます。帰宅する方向が逆にもかかわらず、「一緒に帰りましょう!」と行って下さり、仕事中以外もとても親切にして下さる方達と仕事することができて幸せです。

最後に、今後当院に就職しようと考えている方に向けて一言お願いします。

A主任とても働きやすい病院です。生活スタイルに合った働き方ができますし、私は、既卒で入職しましたが入職時には教育サポートがあり安心して働くことができました。
患者さんに安心してもらえるような明るい笑顔と元気な声をい つも心に持ち、これからも努力していきたいと思います。

S主任就職や転職を考えている方は、ぜひ一度病院見学にお越し下さい。きっと筑波学園病院看護師の「患者さんを大切に考えて看護している」雰囲気を感じて頂けると思います。

本日は貴重な時間を頂き、ありがとうございました。

A主任ありがとうございました。

S主任ありがとうございました。