看護部概要 採用情報はこちら インターンシップお申込み

WLBワークショップ推進WG活動

筑波学園病院看護部のワークライフバランスのシンボルマーク

「Work」は仕事・労働、「waku」はワクワクする、「♡」はライフを表し、生命・生活を意味します。 全てが一つにまとまり素敵なワークライフが送れるようにシンボルマークを作成しました。

ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスとは(work−life−balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指しています。

看護師にとっても重要な課題

看護の現場では人員不足のため、「休みが取れない」「残業が多い」などの過重労働が問題になっています。勤務が多忙でも、若いうちは何とか乗り切れるかもしれません。しかし、結婚、出産、育児などで生活の重みが増すにつれ、次第に両立が難しくなってきます。
交代勤務で夜勤もあるという看護師の場合は、他の多くの仕事よりずっと両立が難しいのです。ですから看護師にとって、ワークライフバランスは非常に身近で、重要な課題と言えるでしょう。

WLBワークショップ推進ワーキング活動

当院看護部では、日本看護協会推進の看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に参画し、看護師が快適に働き続けられる環境を作るために様々な活動を行っています。

≫ 詳細はこちら

筑波学園病院看護部のワークライフバランス活動

筑波学園病院看護部が考えるワークライフバランス

筑波学園病院を利用される患者さんに対して、安心して安全な医療と看護を提供し、患者さん各々に満足して頂くためには、その医療と看護を提供する看護師が働き易く快適な勤務環境が重要であると考えています。
顧客(患者)満足:CSのためには、まず、従業員満足:ESが重要であると考えています。そのためにもワークライフバランスがとても重要であると考えてスタッフのために様々な取り組みを行っています。

ワークライフバランス推進活動

当看護部は、日本看護協会推進の看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に参加し、看護職員が快適に働き続けられる環境を作るために様々な活動を行っています。

目指すゴール

ワーク(仕事)に対しての活動:目標に対しての支援と承認

毎年、各自が業務目標と能力開発目標を設定して看護業務に取り組んでいます。そこで、自らが設定した目標を達成できるために、各部署の看護師長と主任はスタッフの目標達成のための支援と承認を行うようにしています。
仕事にやりがいを持ち自分のやりたい看護を目標を通して形にできるように支援できればと考えています。
「マズローの欲求5段階説」では、第4段階の承認欲求があって、第5段階の自己実現に向かいます。そのため、看護師長と主任はスタッフの業務目標達成に向けて、達成できるための様々な支援と承認をしていくことが重要であると考えています。

ライフ(生活)に対しての活動:長期休暇制度

看護部で看護職員に対して、「あなたの考える長期休暇は何日ですか?」とアンケートを実施した結果、平均値として7日となりました。そこで、2016年4月から長期休暇制度を導入し、「7日間程度の連続した休暇を1年の間で希望する時期に取得できる休暇」としました。

今までは長期の休暇は自分以外のスタッフの迷惑になるとか業務に支障を来すかとかの考えで取得しにくいとの意見がありましたが、全ての看護職員が取得できる権利になったため長期休暇がどの時季でも取りやすくなりました。

新人看護師、中堅看護師、ベテラン看護師、看護主任、看護師長、もちろん看護部長も長期休暇が取得できます。常勤看護職員だけでなくパート看護職員も長期休暇が取得できます。 その結果、長期休暇制度や有給休暇の使用促進され、休みの取りやすい職場になりました。

長期休暇の実績

全看護職員中長期休暇の希望率は69%。その内、希望した長期休暇の取得率は98%です(2018年度)。

2018年度長期休暇取得状況

有給休暇取得率

看護部の各部署の平均有給休暇取得率は75%です。取得率の高い部署は90%を超えている部署もあります。

有給休暇取得率

長期休暇取得についての疑問にお答えします

どのくらいの期間の休日が取れるの?
1年間の中で希望する時期に休暇を取得できます。日数は連続する7日間程度の休日です。
夏休み3日間と休日を組み合わせて7日間休むのは可能なの?
可能です。夏期休暇期間だけでなくても長期休暇が取れます。
夏休み中に長期休暇を利用するよりも他の月に休暇を取った方が休めるのでは?
当院が定める夏期休暇は7月・8月・9月に取れる3日間の特別有給休暇です。
夏期休暇3日間と併せて休暇を取ることもできますし、夏期と冬期に分けて休暇を取る事も可能です。
休暇を細かく分けて取りたい場合は?
夏期休暇の3日間を除く7日間を細かく分けて休む事も可能です。土日と休日を組み合わせて、1ヶ月に1~2回ほどの小連休をとることもできます。
本当にそんなに休めるの?
当院では病棟運営がうまく稼働できるように、お互いの休暇のスケジュールを考えた勤務調整を組んでいます。

長期休暇を取得した看護師スタッフの声

Aさん(看護師17年目・呼吸器内科病棟勤務)

休暇を取得した期間 7月に1週間
休暇内容 家族旅行

Bさん(看護師14年目・整形外科病棟勤務)

休暇を取得した期間 10月に8日間
休暇内容 実家に帰省(北海道)

Cさん(助産師17年目・産科病棟勤務)

休暇を取得した期間 9月に8日間
休暇内容 海外旅行
(アメリカ・シアトル)

Dさん(看護師5年目・腎臓内科病棟勤務)

休暇を取得した期間 9月に1週間
休暇内容 海外旅行
(アメリカ・ハワイ)

Eさん(看護師9年目・整形外科病棟勤務)

休暇を取得した期間 9月に1週間
休暇内容 家の用事と家族旅行

Fさん(看護師2年目・手術室勤務)

休暇を取得した期間 2017年2月に1週間
休暇内容 リフレッシュの旅行予定。
スノーボードに行こうと思っています。

広報活動

WLBワークショップ推進ワーキングチーム「Work Waku(わーくわく)」では、活動内容を院内に周知し広く知ってもらうために、院内向け広報紙を発刊しています。

≫ 詳細はこちら