お知らせ 採用情報はこちら インターンシップお申込み

看護部からのお知らせ

IVナースの現状紹介(概略)

2017.11.13

2017年度7月現在、IVナースⅢaの取得者は、25名(一般病棟18名 外来7名)います。IVナースⅢaの役割の一つに静脈路の確保があります。安全な静脈注射や輸血をするための静脈路の確保、抗がん剤、造影剤、細胞毒性の強い薬剤投与時の穿刺や皮下埋め込み型のポートのヒューバー針の挿入です。

 化学療法(抗がん剤)をおこなう場合、治療前に医師の診察をうけ、治療実施が可能と判断された場合に、IVナースⅢaによる穿刺がおこなわれます。

IVナースの活動目的は、患者さんや家族のケアの質の向上、看護師の教育、がん化学療法のエキスパートとしての知識を活かして幅広く活躍することです。当院では、IVナースⅢaの勤務表を作成し、当該病棟で認定者が不在の場合には、他病棟のIVナースに静脈穿刺を依頼できる体制をとりがん化学療法を実施しています。

詳細はこちらのIVナースページをご覧下さい。

IVナース1