教育・キャリア 採用情報はこちら インターンシップお申込み

男性看護師(学園男子)

当院の男性看護師の現状

当院看護師のうち、男性看護師は全体の約6%です。
平成24年度衛生行政報告例(就業医療関係者の概況)での看護師の男女比約6%であり全国平均と同じ割合になります。男性看護師は女性と比べると体力の点で優っているというメリットと、男性ならではの視点や行動力で現場では大活躍することができます。

男性看護師の写真

男性看護師の所属場所

所属先 人数 そのうち管理者の人数
外来 4名(看護助手2名含む) 師長1名 主任1名
腎センター 3名 主任2名
手術室 5名 師長1名 主任1名
3B病棟(整形外科) 3名 主任1名
4Aabユニット病棟(呼吸器内科) 6名(介護福祉士2名・介護士1名含む) 主任1名
5A病棟(小児科・耳鼻科・眼科) 3名 -
6A病棟(消化器外科) 2名 -
7A病棟(腎臓内科) 1名 -
8A(消化器・循環器内科) 2名 -
合計 29名 8名

2017年9月時点

学園男子会の誕生

男性看護師の知識・技術の向上と親睦をかねて年に2回研修会と食事会を開催しています。これにより個々の距離が近くなりました。また近年では、男性介護士も参加するようになりました。

研修会の様子

研修会

食事会の様子

食事会

学園男子の魅力

筑波学園病院看護部は、約20年前から積極的に男性看護師を採用し、一般病棟に配属してきました。現在もほぼ全病棟に男性看護師を配属しています。(参考:男性看護師の所属場所
そのうち8名が看護師長・主任として活動する場を与えられています。(2017年9月時点)
これら男性看護師(学園男子)の力を合わせ、男性としての強みと優しさを持ち合わせて良い看護の提供をしていきたいと考えています。
これから男性で看護師を目指す方、そして、看護師として働かれる方、僕達学園男子と一緒に仕事をしませんか?

女性看護師と業務を行う様子

学園男子のユニフォーム

ユニフォームには、スポーツブランドのアディダスのスクラブを採用しています。仕事をスポーティに行えると共にアクティブな動きにも対応しています。
アディダスの山型の3本線の意味は「上を目指し、チャレンジすべきゴールを示す」とされており、アディダスのスクラブを着用して、アディダスの山型の3本線の意味のような活動をしていきたいと思います。

ユニフォームの写真

男性看護師集合写真